Bi置換磁性ガーネット膜を用いた磁気転写

沼田 卓久  大淵 豊  井口 征士  桜井 良文  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J62-C   No.11   pp.741-747
公開日: 1979/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6113
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(866.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
磁気バブル材料である磁性ガーネット膜の応用として,磁気光学効果の顕著なビスマス置換磁性ガーネット膜を転写膜として用い,磁気テープの読出しヘッドとしての基礎実験を行った.その結果,ヘッドとしての新たな応用の可能性を示すことができた.静的な転写では種々の磁気記録媒体からの漏れ磁界でガーネット膜を磁化し,偏光を用いて媒体の磁化パターンを間接的にコントラストよく観察することができる.得られた転写可能な記録波長範囲は30μmまでである.動的な転写として磁気テープを走らせ,レーザを用いて連続的に転写パターンを電気信号で読み出してヘッドとして使用した結果,9.5cm/sのテープ速度のとき帯域幅約1kHzを得ることができた.ガーネット膜での読出し(再生)は2値信号にとどまらずアナログ的に可能であるので,音声や音楽が録音されたテープの再生がこの帯域で可能であった.読出しのビーム径は帯域を決める要因の一つであり,ガーネット膜を用いたビーム形状の測定の実際的な方法を提案する.