二つの半無限誘電体スラブによる平面電磁波の散乱

青木 和男  内田 一徳  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J62-B   No.12   pp.1132-1139
発行日: 1979/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(520.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
比誘電率ε1の無限長スラブの右半分を比誘電率ε2の半無限スラブで置き換えた複合系による平面電磁波の散乱問題を精密に定式化し,連立ウィーナー・ホッフ方程式を導き,その形式解を求めた.この結果から物理量を計算するために必要な近似計算に対する一方法について述べた.スラブの厚さがあまり薄くない場合について遠方界分布をあん部点法で計算した.又,スラブの不連続面で励振される表面波の励振電力を平面波の入射角およびε2をパラメータとして計算している.スラブの厚さと共に表面波モードの数が増加し,数値計算は面倒になる.