集積化に適したジャイレータ回路

石橋 幸男  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J62-A   No.5   pp.294-300
発行日: 1979/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(462.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
RC能動フィルタはRCとIC(演算増幅器)によって構成されるのが今日のすう勢となっている.一方,素子感度に関しては,従来のLC~R-R整合フィルタのLCとジャイレータで置換える方法が優れている.本論文では,半導体ICに適したジャイレータ回路の一構成方法を提案している.まず,ジャイレータの基本構成要素である電圧・電流変換器(VCT)の実現方法について述べている.次に,このVCTによって構成されたジャイレータのQ特性,オフセット電圧の素子感度に対する考察を行い,実験結果と比較している.更に,変換コンダクタンスの対電源電圧,対周囲温度特性などに関する実験を行っている.最後に,5次の連立チェビシェフ高域フィルタを構成し,実験を行っている.これらの実験結果よりQが数百の安定なジャイレータが実現可能であることを示している.