ミアンダーライン形低域フィルタの一設計法

岩倉 博  根元 義章  長沢 庸二  佐藤 利三郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J62-A   No.10   pp.713-719
発行日: 1979/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(522.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ミアンダーラインは結合を有する棒状回路と考えられ,小形な形状のマイクロ波帯伝送回路として有用である.これまでに各種の設計法が報告されているが,それらは解析的手法に基本をおいている.ミアンダーラインは回路形状が複雑であるため,その回路関数はこれまで明らかにされていない.従って,動作伝送量を与えて伝送機器を設計することが困難となっている.本論文では,回路合成が容易に行えるような等価回路に着目し,それを解析することによりミアンダーライン形回路の必要条件を明らかにする.又,この等価回路からミアンダーラインに変換する際に,最適化の手法を用い制約条件を有するミアンダーラインの素子値を決定する方法を示す.それらの結果に基づき,与えられた動作伝送量によりミアンダーライン形伝送回路を設計する方法を示した.次に,伝送機器への応用の一例として,低域フィルタの設計例を示し,棒状回路との比較を行った.その結果,ミアンダーラインは棒状回路と比べて,形状が小形で,且つ,特性の良い低域フィルタを実現できることが明らかになった.