半導体集積化に適したプッシュプル形ジャイレータ

石橋 幸男  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J62-A   No.10   pp.673-680
発行日: 1979/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(527.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
RC能動フィルタの構成方法の優劣を判断する最も重要な尺度に素子感度があり,この素子感度を小さくする有力な構成方法として,従来のLCはしご形フィルタのLをジャイレータとCで置換える方法がある.本論文では,半導体ICに適したプッシュプル形ジャイレータの一構成方法を述べている.まず,ジャイレータの基本構成要素である電圧制御電流源(VCCS)の構成について述べ,次にこのVCCSを用いたA級,B級の2端子対ジャイレータについてQ特性,オフセット電圧,変換コンダクタンスなどの対電源電圧,対周囲温度特性などに関する実験を行っている.又,フローティングインダクタンスの実現に適した3端子対ジャイレータの実現方法も述べている.最後に,5次の連立チュビシェフ低域フィルタを構成し,実験を行っている.