細線化文字パターンに対する非決定的ストローク抽出法

木村 文隆  吉村 ミツ  三宅 康二  市川 真人  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J61-D   No.7   pp.496-503
発行日: 1978/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(677.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,まず2値化・細線化した手書き文字パターンに対するストローク抽出において生じる諸問題を片仮名2,300文字について統計的に検討し,各字種に対して正しいストロークパターンをほぼ一とおりに定めた場合,従来の方法では正しくストロークを抽出できる割合が84.7%程度となり,性能的に不十分であることを明らかにする.次いでこの問題の解決策として,ストローク抽出の新たな定式化を行い,(1)ストロークパターンを確からしさの順に複数個抽出した後,(2)識別用辞書とのマッチングによりその複数個のストロークパターンの中から最適なものを1つ選ぶ,という非決定的抽出法を提案し,(1)を実行するための方法を示す.自由手書き片仮名2,300文字についての実験では,確からしさの順で5位以内に正しいストロークパターンが含まれている文字が98.1%,10位以内では99.2%に達しており,本手法が非常に有効であることが確認された.