マイクロストリップラインスロットアレーアンテナ

中岡 快二郎  伊藤 精彦  松本 正  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J61-B   No.11   pp.943-950
発行日: 1978/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(559.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
プリント基板上に多素子平面スロットアレーを製作する場合,簡便な給電方法が望まれる.一般に,給電線としてマイクロストリップ線路が使用されるが,多数の分岐回路を利用して各スロットに給電する従来の方法では,給電回路の構成の複雑さ,線路の損失による利得の低下などのため,素子数を大幅に増加することは困難であった.これを解決するために,本論文では最初に,マイクロストリップ線路の両縁に沿って,基板上にスロットを配列したマイクロストリップラインスロットアレーアンテナを提案している.次に,このアンテナは線路の終端が開放されたレゾナントアレーと線路の特性インピーダンスで負荷されたノンレゾナントアレーの二つに分類されるが,前者に重点を置いてその設計法を示し,それに基づいて一列が16素子からなる32素子の一様分布レゾナントアレーを製作した.更に,このアレーの利得,指向性,入力特性に関する測定値を計算結果と比較,検討し,レゾナントアレーの諸特性を明らかにしている.