デバッギング適応形計算機

坂村 健  北總 秀明  武鑓 行雄  相磯 秀夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J60-D   No.9   pp.671-678
発行日: 1977/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(638.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
将来の高機能計算機にとって,マイクロプログラミングは本質的に重要な技術といわれているが,本論文では,ダイナミックマイクロプログラミング技術が,解くべき問題に適応する計算機のアーキテクチャに,いかに有用な役割を果すかを具体的に示している.ここでは,問題への適応例として,プログラムのデバッギングを効率よく行う高機能システムの開発をとり,その具体化の容易性とダイナミックマイクロプログラミング技術の有用性を実証している.又,作成されたシステムの概要,機能的特徴,ファームウエア化の方法を述べ,更に,同じ機能をソフトウエアで実現した場合との比較を行い,ファームウエア化,特にダイナミックマイクロプログラミングの効率につき評価を与えている.最後に,高機能デバッギングシステムの開発を通して,将来の計算機が具備すべき機能について重要な示唆を与えている.