機能モジュールによる非同期式順序回路の合成

南谷 崇  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J60-D   No.2   pp.135-142
発行日: 1977/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(705KB)>>
論文を購入




あらまし: 
非同期式順序回路の合成に関する従来の研究では,回路の構成要素として,内部記憶を持たない論理素子とフリップフロップなどの限定された順序回路だけを用いることが前提とされてきた.一方,集積回路技術の発達に伴い,既に正しく合成された順序回路をあたかも論理素子のように1つの構成要素として扱い,それらを用いて更に大規模な順序回路を合成することが重要になりつつある.本論文はこの観点に立ち,まず任意にモジュール化された非同期式順序回路(機能モジュール)を構成要素として実現される非同期式順序回路の1つのモデルを定式化する.次に,非同期式順序回路が直接遷移方式によって定常性ハザードなしにモジュール実現されるための必要十分条件を示し,各モジュール間の結合依存性減少の条件を与える.最後に,この結果を用いて,機能モジュールによる非同期式順序回路の合成手順を示す.