単調関数によるブール関数の分解とMOS論理回路合成への応用

小高 明夫  野島 晋  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J60-D   No.2   pp.107-113
発行日: 1977/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(569.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
LSIにおいて,MOS技術は消費電力が少ない,高い集積化が可能であるなどの理由により広く用いられている.MOSゲートによってある論理回路を構成する際,ゲート数と消費電力間には比例関係があるのでできるだけ少ないゲート数で実現することにより,高い集積化の可能性がひらける.本論文では,MOSゲートで複雑な論理関数を実現できることを用い,最小のゲート数で任意のブール関数を合成する方法を考察する.最初に,ブール関数を全順序で且つ単調な関数に分解する問題について述べる.更に,この最小分解の結果を用い,最小ゲート数の2段接続あるいは縦続接続MOSゲート回路で任意のブール関数を合成するアルゴリズムを考察する.このアルゴリズムは,非常に単純であり,計算機を利用した回路合成に有効である.