素子間隔の大きいフェイズドアレイアンテナの素子実現利得について

稲垣 直樹  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J60-B   No.6   pp.446-447
発行日: 1977/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 技術談話室
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(152.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
グレーティングローブを持つ素子間隔が大きな無限フェイズドアレイアンテナの素子実現利得を素子電力指向性によって表現するHannanの式を証明した.素子配列は一般的に扱い,2次元空間格子により表現し,角度空間をその逆格子で表現している.結果は素子アンテナの種類を問わず成立する.