プリンテッドアレイアンテナ用スロットアンテナ素子の入力特性

中岡 快二郎  伊藤 精彦  松本 正  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J60-B   No.5   pp.335-342
発行日: 1977/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(486KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ストリップ線路と結合したスロットアンテナは,プリント基板を利用したプリンテッドスロットアンテナアレイの素子として利用される.各スロットを進行波的に逐次励振する場合は,特に任意のオフセット給電の位置においてスロットの抵抗を知ることは重要になる.本論文では,主としてマイクロストリップ線路中に入ったスロットの入力特性を計算と実験によって明らかにしている.プリント基板の厚みがある程度薄い場合放射に関しては誘電体の影響を無視できるとし,変分法および逆フーリエ変換の形で与えられるモード関数を利用して,共振周波数におけるスロットの抵抗を計算した.計算値は,3種類の厚みの基板について行った実験値とよく一致している.又,この計算方法は,しゃへい形ストリップ線路中のスロットに対しても応用でき,従来の結果と一致することも示されている.更に,マイクロストリップ線路の終端を開放した場合について,スロットの入力特性を実験的に詳しく検討し,特性インピーダンスがZ0オームの給電線とスロットとの整合に必要な,スロットの縁から開放終端までのストリップ線路長を明らかにしている.