対称3値論理系の提案

田山 典男  舛田 次郎  佐藤 利三郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J59-D   No.4   pp.245-251
発行日: 1976/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(573.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
3値論理によるディジタルシステムは,2値のものに比べて幾つかの利点をもっており,その実現の意義は大きい.この系を実現するためには,論理設計が容易で,且つ3進数の処理に適した3値演算系の確立が必要であり,一方では,これを装置化するための高速で安定な3値論理素子と,扱いが容易で安価な3値記憶素子の開発が必要である.そこで,本論文では,このような観点から,3進数-1,0,1の処理に適した,系に対称性をもつ新しい3値ディジタルシステム(対称3値論理系)の提案を行っている.まず,完全系をなす新しい3値演算系を導入し,任意の論理関数を表現する簡明な標準形式を導く.又,系に1と-1の対称性のあることを証明する.次に,この基本演算の回路実現を試み,2値の場合と同程度の安定性に富む3値論理素子を得る.次に,3値記憶素子として,これらの論理素子で構成される3種類の3値3安定フリップフロップ(SRS形,D形,T形)を得る.これらは,入力信号に1と-1の対称性があるので,その扱い方が簡単で能率的である.更に,これらの論理,記憶素子により加算器や各種のカウンタを構成し,大規模なシステムの実現の可能性を確かめた.