光ストリップラインの理論および数値解析

井早 晃  古田 洋介  野田 秀樹  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J59-C   No.9   pp.561-568
公開日: 1976/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6113
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(713.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
先に提案および実験により実証を行った誘電体負荷光伝送路(光ストリップライン)の理論・解析を行った.まず無限平面の薄膜誘電体伝送路の不連続境界面における反射理論を構成し,このような境界面を両側に持った光ストリップラインの定性的特性を明らかにした.次いでこの理論を基礎として数値計算の手法を開発し,光ストリップラインの厳密な伝搬定数,パワー分布などを計算した.このような理論・解析により,等価屈析率を用いた近似解と厳密解との関連が明らかとなり,その補正項が明確となった.本論文の理論および計算手法は,Rib waveguideなどの境界面ではさまれた薄膜伝送路についても有効である.