一軸異方性プラズマ中の線状アンテナの特性

沢谷 邦男  水野 秀樹  石曾根 孝之  虫明 康人  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J59-B   No.4   pp.254-261
発行日: 1976/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(541.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は一軸異方性プラズマ媒質の軸と任意の角度をなす有限長線状アンテナの指向性ならびに入力インピーダンスについて理論的に検討したものである.計算に当ってはアンテナの電流分布として正弦波分布を仮定し,その伝搬定数には十分細い無限長導体に沿う電磁波のそれを用いた.指向性についてはε3(軸方向の比誘電率)が正の領域について求め,その結果媒質の軸方向付近のパターンがアンテナからの距離に依存することが明らかにされた.入力インピーダンスは起電力法を用い数値積分により求めたが,ε3が負の領域では被積分関数が発散するため,損失を考慮するとともに発散項については解析的に求める方法を用いた.その結果媒質の軸に対するアンテナの傾き角およびプラズマ密度が大きいとき,リアクタンスが誘導性になるという微小ダイポールモデルでは指摘し得ない有限長アンテナ特有の特性を見出した.