都市内における広帯域無線通信路の統計的解析

鈴木 弘文  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J59-B   No.12   pp.563-570
発行日: 1976/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(691KB)>>
論文を購入




あらまし: 
従来,都市内における無線通信路の利用は,ほとんど音声などの狭帯域伝送に限られていた.この場合,搬送波の電界強度の分布を測定し,無線通信路の規定を行えば十分であった.しかし,最近,自動車などの交通制御への応用を考え,この通信路の広帯域伝送特性が,問題になって来ている.この場合,電波が建物などによって,反射,屈折,回折,散乱などにより,様々な遅延時間で多重伝搬路を通り到達することを考えると,無線通信路のインパルス応答によって,広帯域特性を規定するのが便利である.このためには,単一無線パルスを送出し,その受信パルス列を観測することになるが,得られたデータの解析方法が問題になる.本研究では,受信パルス列の振幅,遅延時間に関して,その解析の一統計的手法を提案した.その有用性は,実際のデータを計算機処理した結果により,実証されている.