セルラオートマトンの構造を保存する同形写像とその類別

荒木 哲郎  原尾 政輝  野口 正一  大泉 充郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J58-D   No.7   pp.381-388
発行日: 1975/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(574.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
セルラオートマトンはその構造の一様性のためにいろいろな特徴ある動作特性を持っている.従ってその特徴を調べるためにはまず構造の一様性を数学的にきちんとした形で与え,何らかの形で両者を結びつけることが必要である.本論文ではこの考え方に基づき,群グラフによる一様構造で定義されたオートマトンの同形理論を用いて,オートマトンの類別を行う.又,その際の同値類の個数を求める手順を示し,実際に1次元および2次元(三角形,四角形,六角形構造)のオートマトンについて各々の同値類の数を求める.