手書き文字入力用データタブレット

青木 則夫  十倉 建二  井口 征士  桜井 良文  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J58-D   No.5   pp.241-248
発行日: 1975/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(572.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
オンライン手書き文字認識のための,文字入力用データタブレットについて述べる.交番磁束を発生するマグネチックペンを,センスコイルを格子状に張りめぐらした入力面上にあてる.このとき,各センスコイルに誘起する起電力の極性を判別する事によって入力面をディジタル的に分割する事ができる.分割された入力面の個々の領域内での筆点の相対的位置変化の検出にはアナログ的方法を用いる.2本の,直線状の導線の間に,マグネチックペンを置くと,ペンと導線との距離によって決定される誘導起電力が,それぞれの導線に発生する.この2つの誘導起電力の和をとると,加算値は,ペンの位置に対して1対1の線形対応をする.この原理を利用してペンの相対的位置変化を検出する.入力を手書き文字に限定し,ペンの相対的位置変化の検出を第1の目的とする事によって,比較的簡単な装置で筆点の相対的位置変化に対しては,高い分解能を実現している.又,電磁結合であるため入力面上に紙をおいてトレース入力をしたり,ハードコピーを残す事も可能である.