多安定回路と符号割当て

阿江 忠  吉田 典可  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J58-D   No.3   pp.129-134
発行日: 1975/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(457.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
プール関数で表されるn2)個の基本回路を相互に結合した回路網における最大の安定点の数は2n-1であることを証明した.次に,多安定回路の符号割当てを回路による符号の被覆問題として論じた.すなわち,2n-1安定回路は最小距離2の最大の符号語数の符号と,又,既に大場により明らかにされているnC安定回路は最小半距離1の最大の符号語数の符号とそれぞれ一対一の対応をもつことなどが示された.