濃淡図形における特徴点の抽出と細線化の一方法

横井 茂樹  鳥脇 純一郎  福村 晃夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J58-D    No.10    pp.601-608
発行日: 1975/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(724.9KB)>>
論文を購入



あらまし: 
複雑な濃淡画像の処理において,図形の特徴を表現する点,線図形の抽出は非常に重要な処理であり,従来から,数多くの手法が提案されている.本文では,著者らが2値図形において定義した局所特徴量(連結数と曲率係数)を濃淡図形に拡張し,それにより濃淡図形の特徴点が抽出できることを示す.更に,ここで定義した連結数を用いた,濃淡図形の細線化の手法を提案する.本方法は,従来提案されている濃淡図形からの線抽出方法に比して,抽出線図形の線幅や連結性に関する性質が理論的に明確である点において優れており,この性質は特に線図形抽出後の処理を容易にすると考えられる.又,処理時間の点でも実用可能な範囲内にあると考えられ濃淡画像処理の1つの有効な方法になると思われる.