薄膜光線路内の屈折率変動による姿態変換

今井 正明  朝倉 利光  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J58-C    No.12    pp.708-713
公開日: 1975/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6113
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(428.1KB)>>
論文を購入



あらまし: 
薄膜光線路において,屈折率のランダムな不均一によって高次姿態が発生する.ここでは,基本TE0姿態が伝搬する際に高次姿態へ変換する姿態変換量を摂動法を用いて計算した.解析方法としては,摂動電磁界をグリーン関数法で求めて,それを屈折率ゆらぎがない場合に得られた高次姿態で展開する.その結果得られた展開係数の2乗集合平均をとることにより,姿態変換の薄膜線路の長さ,導波路層の厚さ,屈折率ゆらぎの粗さによる依存性が明らかになった.