方向性フィルタを用いた自己注入同期発振器

太田 智三
牧野 捷二
中野 洋

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J58-B    No.9    pp.457-463
発行日: 1975/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(490.1KB)>>
論文を購入



あらまし: 
方向性フイルタを用いた自己注入同期発振器は,方向性フイルタの反射波による自己注入効果により安定化,雑音改善ができると同時に,フイルタの通過特性により高域雑音,スプリアス発振の除去も行える優れた特徴をもつ.又,本発振器は3端子をもつため,信号,局発の結合回路を兼ねることができ,ミキサ回路などとして,通信機器構成の簡略化に非常に有効となる.本論では,この新しい自己注入同期発振器を提案し,発振器の安定度,雑音改善特性について解析している.又,自己注入同期発振器の安定度の一般式をも明示している.実験は,18GHz帯,38GHz帯で行い,その動作特性を確認している.