方向性結合器回路を用いた小形・低損失移相器

高橋 章  太田原 功  佐藤 利三郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J58-B   No.4   pp.141-147
発行日: 1975/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(571.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
伝送線路形の結合回路を利用した移相器は,その結合部分の電気長が4分の1波長で構成されているために,実用に供する場合に大形となり,使用上,困難を生ずることが少なくなかった.ここでは,伝送線路形方向性結合器回路を基本としてこれを移相器回路に変形し,いろいろな検討を加えたところ,これまでに明らかにされているところの,結合部分の電気長が4分の1波長であるものは無論のこと,4分の1波長よりも短いどのような長さのものでも,そう入損が0dBで,入力インピーダンスが負荷インピーダンスと等しく,且つ,位相変化が360°の移相器回路の存在することを見い出し,その最適条件式を導いた.更に,このような結合器を作るときに生じがちな,平衡伝送分と不平衡伝送分の伝搬速度の違いによる特性変化も吟味し,そのような場合の最適設計法も明らかにした.これらの成果を踏まえて,小形VHF帯用移相器の試作を行い,理論特性と良く合う実測特性が得られた.小形移相器はアンテナ合成に使用し,TV受像の際ゴースト,同一チャネル妨害を除去することができる.