しきい素子フィードバック形シフトレジスタのオートノマス動作について

永見 均  北橋 忠宏  田中 幸吉  阿江 忠  吉田 典可  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J58-A   No.8   pp.530-537
発行日: 1975/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(653KB)>>
論文を購入




あらまし: 
しきい素子回路網をしきい素子を構成単位とする順序回路網として特徴化を行った研究は少なく,又,十分とはいえない.本稿では,シフトレジスタ形の順序回路がムーア形順序回路の標準形として採用できることから,回路網をシフトレジスタ形に制限することによってオートノマス動作を規定しようと試みた.安定状態あるいは周期的動作の存在の有無を回路の特徴として選び,フィードバックループを構成するしきい素子の重み分布と回路動作との関連を議論した.回路に安定状態だけが存在する場合については,安定状態へ収束するまでの推移長に対する推移パスの個数を求めた.