CCDの電荷転送過程の解析

鈴木 信雄  柳井 久義  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J57-C   No.3   pp.75-82
公開日: 1974/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6113
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(607.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
転送モード電圧と蓄積モード電圧が等しい転送パルスを用いたCCDの電荷転送動作においては,電位の井戸が小さくなることによる電荷の押出し効果が,電荷転送に重要な役割を果している.押出し効果は,転送パルス波形やつぎの転送電極下へ転送された電荷量に依存する.いままで報告されているCCDの電荷転送過程の解析は,押出し効果を含めた一般的な転送パルス波形に対する転送過程をほとんど扱っていない.そこで,本論文では押出し効果を含めたCCDの転送過程を解析し,転送過程を簡単に扱うことができる電荷制御モデルおよび等価回路表示を提案する.電荷制御モデルおよび等価回路モデルにより得られる転送過程は,連続の式を計算機シミュレーションにより直接解いた厳密解にきわめて近いことから,この二つのモデルがCCDの電荷転送過程をよく記述していると考えられる.この二つのモデルを用いて電荷転送過程の転送パルス波形依存性や信号電荷量依存性,押出し効果,および基板への電荷流出効果などを明らかにするとともに,二つのモデルの有用性を明らかにした.