ダイポールアンテナの電子プラズマ波に対する送受信指向性の測定

石曾根 孝之  沢谷 邦男  安達 三郎  虫明 康人  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J57-B   No.2   pp.129-134
発行日: 1974/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(468.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
圧縮性プラズマ中のダイポールアンテナに関する理論的研究は今までにも数多くなされ,それらを裏付ける実験的研究も種々行われるようになったが,ダイポールアンテナから放射される電子プラズマ波についてはアンテナインピーダンスに及ぼすプラズマ波の影響という形でしか測定されていなかった.そこで著者らはもっと直接的に電子プラズマ波をつかむために,ダイポールアンテナから放射される電子プラズマ波を干渉法を使って検出し,その送信指向性を求めた.その結果,流体力学近似から得られた理論値との良い一致をみた.ついで,ダイポールアンテナを電子プラズマ波に対する受信器として使い,その受信指向性を求めたところ,その指向性は送信指向性と良く一致するという結果が得られた.このことは先に著者らが報告したプラズマ波に対する可逆性を実験的に裏付けたものである.つぎにアンテナバイアス電圧が及ぼすプラズマ波の送受信効率への影響を調べたところ,プラズマ電位以下では両効率とも同様な単調増加の傾向を示し,ほぼ,プラズマ電位近辺に効率のピークが存在したが,全体的な変化は小さかった.