マルチビーム プラナ アレイ アンテナ用給電回路の構成

前田 克民  稲垣 直樹  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J57-B   No.11   pp.681-688
発行日: 1974/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(483.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
マルチビーム プラナ アレイ アンテナ用給電回路の構成方法は,これまでのリニアアレイ用給電回路の出力端子の再配置の方法によらなくても,複数のリニアアレイ用給電回路を組合せると構成可能であることを示した.本文では,M×N素子の平行四辺形開口面と3N2素子の三角配列六角形開口面の場合を取り扱っている.プラナアレイの指向性を記述するときに導入すると便利な逆格子ベクトルを用いることにより,各入力が全部有効にビームを形成しないことを示し,そのときの有効に利用できる入力数の割合も示した.これは無損失のマルチビーム用給電回路を用いる場合に避けることができない.又,マルチビームアンテナのサイドローブを低減化するには出力端子を再配置する方法が利用できることを示した.