電磁誘導形図形入力装置

井口 征士  十倉 建二  桜井 良文  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J56-D   No.2   pp.93-98
発行日: 1973/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(586.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
電磁誘導の原理を応用して,コンピュータに手書き図形を入力するための新しい図形入力装置について述べる.交番磁束を発生するマグネチックペンをグレイコード状にセンスコイルをはりめぐらした入力面にあてると,電磁誘導によりセンスコイルに起電力が発生する.この誘導起電力は,ペンがセンスコイルの内にあるときと外にあるときとで逆極性になるので,この極性を判別してペンの位置をコード化する.試作器の性能は,入力面の大きさ:128mm×128mm,分解能:1mm(XY方向にそれぞれ7ビット),読取速度:5,000点/secである.本質的にディジタル的手法であるので信頼性が高い.また電磁結合であるため入力面上に紙をおいてトレース入力をしたり,ハードコピーを残すことも可能である.