周波数領域における不均一分布RC線路の一合成法

森田 修三
大村 皓一
喜田村 善一

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J56-A    No.2    pp.74-81
発行日: 1973/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(742KB)>>
論文を購入



あらまし: 
不均一分布定数線路に対して成立する線形変係数微分方程式は,一般に解を求めることが困難であるが,一様線路の縦続接続線路に対しては容易に解を得ることができる.本論文ではこの点に注目しできるだけ広いクラスのテーパに対し容易に実行できる不均一分布RC線路の一合成法を提案するものである.まず不均一分布定数線路の合成問題をバナッハ空間上の汎関数の最小化問題におきかえ,最急降下法による計算アルゴリズムを導出する.このアルゴリズムでほとんどいたるところ有界な実可測関数からなるバナッハ空間L[0,1]をとれば,初期テーパ関数として定数を選ぶことにより,テーパ関数の最適階段関数表示が得られることを示す.最後にこのアルゴリズムの実際上の問題について述べ,例題に適用する.