予測フィルタによる突発波検出

吉川 昭  斎藤 陽一  副島 哲男  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J56-A   No.10   pp.607-614
発行日: 1973/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(621.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
非白色雑音にうもれた未知信号(突発波)の位置推定と波形抽出の,予測フィルタを用いた一方法を提案した.まず,片側予測(前方予測,後方予測),両側予測の2種類のフィルタを構成した.つぎに両側予測フィルタと片側予測フィルタを用いた突発波の位置推定と波形抽出の手順について述べた.それは,まず対称両側予測フィルタを用いて突発波の存在区間を推定し,その区間について前方および後方予測による二つの誤差系列の積系列を用いて突発波の位置推定を行なう.ついで突発波の位置に非対称両側予測フィルタを固定し,突発波の波形抽出を行なう.これらの作業の各ステップにおけるフィルタの効果,検定能力などについて検討を加えた.最後に,計算機シミュレーションの結果を記し,本方法の有効性を確かめた.本方法は突発波に関してパルス幅以外の情報は全く必要でなく,生体情報,特に脳波における突発波検出に有効と思われる.