非ガウス確率過程に対する伝送速度

渡辺 陽一郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J55-A    No.2    pp.89-94
発行日: 1972/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(542.9KB)>>
論文を購入



あらまし: 
非ガウス確率過程に対する伝送速度を求めるためには,この確率過程の時間標本の結合確率密度関数を与えなければならない.結合確率密度関数は,時間標本の各元の確率分布とそれら相互の結合関係を与えることによって決めることができる.本論文では,この結合関係がガウス分布と類似の結合関係である場合に限定して,伝送速度を近似的に評価する.特別な場合として時間標本が互いに独立な場合に対する伝送速度も評価する.また情報処理によって伝送速度は増加しないが,信号の線形変換が伝送速度にどのような影響を与えるかを考察する.