バッファ記憶装置による相互同期系の引込み周波数について

喜田村 善一  寺田 浩詔  浅田 勝彦  松田 秀雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J54-A   No.3   pp.132-139
発行日: 1971/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(772.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
PCM統合通信網の系統同期として適用可能な相互同期系の一方式,バッファ記憶装置による相互同期系は,従来から考えられてきた通常の位相比較器による相互同期系と原理的に統一して扱うことができる.本論文のバッファ制御相互同期系は,位相比較器の位相比較特性が多価のこぎり波状特性となり,位相比較器の相互同期系に比べ,引込み特性の一つ,引込み周波数が大きくできる利点があることをバッファ容量が等しい完全対称網の系で示す.また,2種の異なるバッファ容量をもつ完全対称網の系の引込み周波数を求めている.引込み周波数は適当な周期応答の性質を仮定して周期応答を理論的に導きその結果から得られる.この手法の骨子は最初に仮定される周期応答の性質にあり,一般の系に適用する場合を考えて,特に系の周期応答の性質が詳細に論じられている.また,いずれの場合も理論の正当性を実験によって確かめている.