厚いストリップ導体,多重誘電体層およびしゃへい導体を持つ線路の解析法

厚木 和彦  山下 栄吉  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J53-B   No.6   pp.322-328
発行日: 1970/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(580.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ストリップ線路は種々の小形回路に応用されているが,その理論的設計法はストリップ導体のきわめて薄い場合を主体に研究されてきた.しかし,回路がきわめて小形化するとストリップ導体の厚さも考慮する必要が生ずる.本論文ではこのような厚いストリップ導体に加えて多重誘電体層としゃへい導体を持つ線路をTEM波近似のもとに解析する一般的方法を提案する.この解析法は要するにストリップ導体上の電荷密度分布をフレドホルム形積分方程式の形に導き,これを電子計算機により近似的に解くのであるが,きわめて一般的で容易なグリーン関数導出法を用いるのが特徴である.まず,他の解析法と実測によって調べられている簡単な構造について,この方法により伝送定数を求め比較を行なう.つぎに3誘電体層としゃへい導体を持つ線路について数値計算結果を示す.また,この数値計算を有効に行なう技術についても説明する.