散乱波利用通信・探知系の有効範囲に関する統一的解析

山根 国義  弓場 芳治  松尾 優  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J53-B   No.10   pp.607-614
発行日: 1970/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(688.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
散乱体を介して行なう散乱通信や送受信機を分離したレーダなど,いわゆる散乱波利用通信・探知系は送受信アンテナ,散乱体の特性および配置によって,その通信および探知範囲がきわめて多様な変化を示す.本論文では通常の二地点間の通信系や送受一体レーダ系を基準にして散乱波利用系の有効範囲係数を定義し,代表的な計算例によって散乱波利用系の有効範囲のもつ諸特性を列記し,応用面への示唆と諸現象の解明への手がかりを与えた.また単純な配置の送受分離レーダの有効範囲強度分布を求める実験を行ない解析の裏づけをえた.