相互同期系における多入力位相制御発振器の設計

猪瀬 博  斎藤 忠夫  渋谷 悌二郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J53-A   No.5   pp.221-227
発行日: 1970/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(708.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
PCM統合通信系における系統同期方式として開発されている相互同期方式では,系のクロック周波数の安定度が高いこと,各局の入力における位相差が小さいこと,変動に対してはすみやかに応答できることなどの要求がある.本論文では相互同期系のクロック周波数の安定度および局間位相差を解析し,これらを調和させるようなパラメータαの選択法を示し,この条件下で過渡応答を高速化するフィルタの選択法を示すことによって,上記の要求を満足させる多入力位相制御発振器の設計法を示した.つぎにこのような可変周波数範囲と高い安定度を有する可変周波数発振器の構成法を示し,これに基づいて試作した発振器を用いて相互同期系を構成し,高い周波数安定度を持ち,十分すみやかに応答する過渡特性を持つ相互同期系が実現できることを示している.