優先権のある多段帰還方式の条件つき待ち時間

藤木 正也  雁部 頴一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J52-C   No.1   pp.25-32
公開日: 1969/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6113
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(674.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
計算機の時分配方式に使用されている優先権のある多段帰還方式において,呼の退去水準が定まったときの条件つき待ち時間分布をLaplace-Stieltjes変換の形で誘導している.多種の優先権と多数の待列(待ち装置)を設け,各待列に直接到着する呼もあるとしており,呼は優先権ごとにポアソン到着・一般分布保留時間とし,業子処理(quantum service)におけるプログラム出納時間等の準備時間も考慮している.最後に関係する各種モデルの相互関係について若干の考察を加えてある.