給電点に有限幅の間げきを持つ円筒状アンテナの積分方程式とその解について

稲垣 直樹  関口 利男  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J52-B   No.5   pp.292-298
発行日: 1969/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(575.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
給電点の間げきの大きさを考慮に入れた円筒状アンテナの電流分布に関する積分方程式を導き,これが間げき上の等価電流の積分を含むこと,間げき上の等価磁流の積分をも含めると管状アンテナの外面電流が内面電流から分離されて求められることを示した.間げきの大小が給電点アドミタンスに与える影響は間げき容量により集約的に表現され,間げき容量の項をひいた残りの項は積分方程式に等価磁流の積分を含めても,含めなくても,また間げきの大小に関係なく一定の大きさとなること,間げきの幅が円筒半径と同じ位の大きさならば,間げき容量は無視してよいことがわかり,従来の近似的取り扱いをどのように注意して行なえば矛盾のない解が得られるかを明らかにした.