PCM通信方式の通話品質

橋本 清
斎藤 収三

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J52-A    No.8    pp.313-320
発行日: 1969/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(845.7KB)>>
論文を購入



あらまし: 
PCM通信方式における種々のパラメータが通話品質に及ぼす影響,およびこの方式が商用電話系に用いられたときの伝送品質を明りょう度品質の観点より検討した.PCM系のパラメータとしては信号振幅ビット数,信号入力レベル,振幅圧伸特性,標本化周波数などを基本的なものとしてとり上げた.商用電話系に用いられたときの伝送品質劣化要因として,音声信号に重畳する線路雑音,符号誤り,多リンク接続などを考慮した.明りょう度試験の結果より,これらPCM系の伝送品質を直通系の等価雑音レベルで一義的に表現することを試み,その結果,この方法がPCM系の伝送品質の評価に有効であることを明らかにした.