折線近似によるガン効果の定常電気二重層の解析

生駒 俊明   英樹  柳井 久義  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J51-C   No.12   pp.565-572
公開日: 1968/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6113
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(729.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
n型GaAs中の高電界電気二重層の定常状態における諸性質を三つの近似すなわちv-E特性の折線近似,拡散係数が電界に依存しない,電界分布の三角形近似を用いて,解析的に表わした.この性質の中で最も基本的な性質である電気二重層の過剰電圧と外側電界の関係を,電流波形を観測することによって実験的に求め,理論と比較した.その結果v-E特性の折線近似を適当に選ぶことによって,この近似理論によって計算した値と実測値はかなり良く一致し,また得られたv-E特性も現在までに報告されている結果からみて妥当なものであることがわかった.このことから,このような電気二重層の発生,消滅を制御することによって動作する素子の特性を検討する際には,この近似理論を適用することによって,材料の性質との関係において見通し良く素子の特性を論ずることができる.