光結合素子の効率改善

木村 忠正  柳井 久義  神山 雅英  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J51-C   No.11   pp.514-521
公開日: 1968/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6113
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(681.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
GaAs発光ダイオードとSi受光ダイオードとを組み合わせ,光で信号伝達を行なう光結合素子は,効率,特に発光ダイオードの効率が低いので,光結合素子の種々の応用への可能性が大きいにもかかわらず実用化への難点となっている.本論文では,光結合素子の種々の損失の内,発光・受光両ダイオードの界面でのフレネル反射損失,発光ダイオードの全反射損失,広がり抵抗損失の除去について解析し,光結合素子の効率の5倍の改善が実験では得られ,さらに,常温での外部量子効率が10%以上の高効率の発光ダイオードの製作の可能性を示した.