相互同期系の動特性

斎藤 忠夫  安田 浩  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J51-A   No.4   pp.137-144
発行日: 1968/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(658.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
PCM統合通信系統の局間の同期方式としての相互同期方式については,その静的特性,動的安定性およびその構成について先に御報告した.本論文ではさらに相互同期系の小振幅および大振幅の過渡応答の検討を行ない,その動特性を明らかにするとともに,その引込特性について述べている.解析は主として各局がCR lag filterを持つ均等な完全接続系について行なわれているが,一般の系についての安定性の推定法が説明され,系の各種の変更に対しても系が安定に維持できることを示している.