多価のこぎり波状位相比較特性をもつ位相制御発振器の解析

喜田村 善一  寺田 浩詔  大村 皓一  浅田 勝彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J51-A   No.2   pp.53-59
発行日: 1968/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(583.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
PCM同期化装置のエラスティック記憶装置としてわれわれの提案した非同期論理遅延線,似鳥らの提案したのこぎり波状位相比較器に特殊な分周器と,しきい値識別回路を組み合わせた位相比較器はともに多価のこぎり波状位相比較特性を示す.本論文はこの種の位相比較器を含む位相制御発振器の解析をおこない,従来のものに比べて引き込み時間を大きく短縮でき,引き込み範囲も大きくとれ一般的な設計の自由度が大きいことを示している.引き込み範囲の導出法は一般的に折線特性をもつ周期関数で表現される位相比較特性に適用可能であり,その数値計算法も実用的な方法となっている.また引き込み時間の導出法はD.Richmanの方法を改良し,初期条件の導入を可能にしている.さらに,50MHz近辺で動作する位相制御発振器を実際に構成して数値計算結果と実験結果の比較をおこない解析の妥当性をたしかめている.