待時式二段リンク方式にたいする待合時間分布の検討

雁部 頴一  鈴木 輝信  伊藤 正彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J51-A   No.10   pp.393-400
発行日: 1968/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(696.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
クロスバ交換機などの共通制御装置の選択に用いられている待時式二段リンク方式を設計するための待合公式はまだ知られていない.それゆえ上述の方式の待合特性を明らかにするため,疑似トラヒック実験を実施するとともに近似待合式の誘導を試みた.疑似実験結果と比較して実用範囲において十分に良好な近似を与える待合率,待合時間分布,平均待合時間など待合諸公式をえた.またこれらの近似式を用いてこの方式の負荷特性を与え,設計を適当に行なえばかなり完全群の能率に近づけることを明らかにした.