小型航空機モデルを用いた5G Sub-6 GHz周波数帯の機内-機外伝搬特性推定

佐藤 亜衣  日景 隆  大宮 学  二ッ森 俊一  河村 暁子  米本 成人  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J105-C    No.5    pp.149-156
公開日: 2021/12/27
早期公開日: 2021/12/27
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 10.14923/transelej.2021STP0002
論文種別: 特集論文 (エレクトロニクス分野におけるシミュレーション技術の進展論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
第5世代移動通信システム,  航空機電波高度計,  干渉経路損失,  FDTD解析,  

本文: PDF(11.5MB)>>
論文を購入



あらまし: 
航空機の機内及び機外における無線回線設計に資する伝搬特性推定法について,大規模FDTD解析の適用を検討している.本論文では,小型航空機モデルを用いた電磁界解析を実行し,5G Sub-6 GHz周波数帯における機内から機外電波高度計付近までの干渉経路損失特性について検討する.干渉経路損失特性モデルとして,FI (Floating intercept)モデルあるいはABG (Alpha beta gamma)モデルの利用を提案し,それら伝搬モデルのパラメータをシミュレーション結果から導出し,その有効性について議論した.