複数メッセージを送信する秘匿情報配信について

栗原 正純  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J105-A    No.1    pp.6-17
発行日: 2022/01/01
早期公開日: 2021/08/24
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 10.14923/transfunj.2021JAP1010
論文種別: 論文
専門分野: 情報理論
キーワード: 
PID,  秘匿情報配信,  線形符号化,  複数メッセージ配信,  

本文: PDF(665.3KB)>>
論文を購入



あらまし: 
H. Sunにより示された秘匿情報配信(Private Information Delivery (PID))問題において,複数のメッセージを配信する方式を提案する.SunはPID問題の定式化と同時に,PID問題を解決する方式も提案している.Sunの方式は,1度の配信に1個のメッセージをユーザに送信するPID方式である.複数のメッセージを送信する自明な方法として,Sunの方式を複数回繰り返す方法が考えられる.本論文では,ある条件を設定することで,提案方式のレートは自明な方法によるレートよりも効率が良いことを示す.また,性能比較のために提案方式とは異なる方式やレートの上界についても議論する.