ミリ波レーダによる高分解能イメージング技術

山田 寛喜  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J104-B    No.2    pp.66-82
発行日: 2021/02/01
早期公開日: 2020/10/07
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 10.14923/transcomj.2020JBI0001
論文種別: 招待論文
専門分野: 
キーワード: 
ミリ波レーダ,  MIMOレーダ,  仮想アレー,  合成開口レーダ,  イメージングレーダ,  

本文: FreePDF(51.2MB)

あらまし: 
ミリ波レーダは,その伝搬特性,広帯域性から,主に車載レーダとして広く普及してきた.更にMIMOレーダ化による高機能化,低価格化に伴い,近年では,近距離高分解能レーダとして幅広い応用研究が進められている.このようなアレーレーダ化により,距離,速度(ドップラ周波数)に加え,方位(角度)情報といったターゲットの3次元情報が得られる.これらを用いることによりターゲットの空間的な位置や様々な特徴を得ることができる.距離分解能は周波数帯域幅,ドップラ分解能は観測時間の増加に伴い改善可能である.しかしながら,方位分解能に関しては,アレー素子数の増加が必要となるため,ハードウェアの制約等により十分な分解能確保が困難な場合が多い.この論文では,方位分解能改善の観点に絞り,その高分解能化に関して論じている.ここでは二つの異なるアプローチを概説し,その有効性を明らかにする.一つは人物などの動きのあるターゲットの検出を目的としたMIMO仮想アレーによる高分解能化手法である.もう一つは自動車の側方(斜め前方)監視を目的としたレーダプラットホームの動きによる合成開口手法である.これらの手法の効果を実験結果を通して示している.