品質工学に基づいた2GHz帯ローパスフィルタの2段階設計及び許容差設計

小野 哲  今井 勇太  和田 光司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J104-A   No.9   pp.204-213
発行日: 2021/09/01
早期公開日: 2021/05/18
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 10.14923/transfunj.2020JAP1025
論文種別: 論文
専門分野: 回路理論,回路解析
キーワード: 
ローパスフィルタ,  Chebyshev型,  集中定数チップ素子,  品質工学,  モンテカルロシミュレーション,  

本文: PDF(2.7MB)>>
論文を購入




あらまし: 
品質工学は設計初期段階から部品の許容差を考慮し,許容差の影響に強い条件を導出できる.集中定数チップ素子の使用を想定し,その等価回路モデルを用いたChebyshev型2 GHz帯5段LPFの2段階設計及び許容差設計を行った.2段階設計の結果はモンテカルロシミュレーション結果でも同様な結果が得られ,その有効性を実証した.2段階設計から導出された条件をもとに許容差設計を実施し,カットオフ周波数のばらつきを小さくしつつ,部品コストを抑えた条件について明らかにした.