4個の発振器を環状に結合した回路の対称性を用いた解析

勝田 祐司  三宅 常時  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J104-A   No.9   pp.196-203
発行日: 2021/09/01
早期公開日: 2021/06/01
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 10.14923/transfunj.2020JAP1027
論文種別: 論文
専門分野: 非線形問題
キーワード: 
対称性,  群論,  結合発振器,  非線形系,  

本文: PDF(1.4MB)>>
論文を購入




あらまし: 
4個の奇関数特性を有する同一発振器を非線形抵抗で環状に結合した回路の対称性を検討した.対称性が二面体群D4と奇関数特性になるので,解析を容易にするために座標変換を行った方程式を導出し,解析を行った.変換後の方程式は,対称性により,8次元の微分方程式の8個の成分が全て0である原点及び6個の成分が0と4個の成分が0である平衡点が存在することが分かり,それぞれの解析を行った.その結果,新しい分岐である対称遷臨界分岐や直流成分のない安定な四相解を見つけることができた.