歩行者ナビゲーションにおける粒度の粗い案内付加情報の効果について

鮒谷 知也  間邊 哲也  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J104-A   No.4   pp.114-117
発行日: 2021/04/01
早期公開日: 2020/12/21
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 10.14923/transfunj.2020JAL2016
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
歩行者ナビゲーション,  案内付加情報,  歩行距離,  交差点数,  

本文: PDF(3.5MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,歩行者ナビゲーションシステムが提示する案内付加情報として,これまで用いられて来た「距離」よりも粒度の粗い「交差点数」を用いたときの効果を検証している.まず,人の目視による距離測定の正確さを確認するための事前実験により,目標物までの距離表記が歩行者ナビゲーションシステムの案内性能を低下させている可能性を示している.次に,歩行者ナビゲーションシステムが提示する案内付加情報として「距離」と「交差点数」の比較実験を行い,「交差点数」を用いることで,旅行時間と経路選択の性能向上,メンタルワークロードと交差点付近で取るべき行動の分かりやすさには影響がないことを確認している.以上から,案内付加情報として粒度の粗い「交差点数」による案内性能向上の効果を確認している.