低速車両用ナビゲーションシステムのためのリンク重み計算―マルチモーダル交通社会における低速車両の特異性―

間邊 哲也  長谷川 孝明  庄子 隼人  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J104-A   No.10   pp.223-232
発行日: 2021/10/01
早期公開日: 2021/05/31
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 10.14923/transfunj.2020JAP1030
論文種別: 論文
専門分野: 高度交通システム(ITS)
キーワード: 
超小型低速車両,  SV用ナビゲーション,  経路計算,  三者比較,  SVプローブデータ,  

本文: PDF(58.8MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,低速車両(Slow Vehicle; SV)用ナビゲーションシステムの実現に向けて,SVプローブデータにもとづくリンク重みの計算法を提案する.まず,収集したSVプローブデータについて,制限速度,幅員区分,車線数及び中央線の有無,歩道の有無の観点で解析を行う.次に,リンク重みの計算式を示した上で,リンク重み係数を算出し,低速な超小型電気自動車を対象とした経路計算において,制限速度と車線数が特に重要であることを示す.最後に,提案手法,既存手法(市販カーナビゲーションシステム,自転車用ナビゲーションアプリ)のそれぞれで提示された3種類の経路に対して,実車走行,及び,走りやすさやストレスなどの観点でアンケートによる三者比較を行い,提案手法によって算出された経路の受容可能性を示す.